workflow

1.ご相談・ヒアリング

メール(お問い合わせフォーム)・電話等にてお問い合わせいただき、直接お会いしてお話を伺う日程を決めます。
初回打合せでは、家族構成、ライフスタイル、趣味などの他、ご要望(どのような住まいにしたいか具体的でも抽象的でもかまいません)、ご予算、立地条件(敷地が決まっている場合は測量図をお持ちください)などをヒアリング致します。

約3週間

2.基本計画プレゼンテーション

初回打合せのヒアリングをもとに、敷地の状況、法的条件などを調査したのち、簡単な図面、模型などを作成します。
その案に至った過程やどのように要望を反映させたのかなど、設計案に対するご説明を致します。内容をご検討頂き、大筋で納得して頂ければ設計監理業務委託契約を締結します。
内容が気に入らない、方向性が違うなど判断された場合はキャンセルをお申し出ください。ただし、同業他社に提案を依頼される場合は3万円(税抜)をいただきます。(キャンセルの場合、図面、模型などの提出資料は返却して頂きます)

約3週間

3.設計監理業務委託契約締結

内容をご検討いただき、プランに大筋で納得できる、または、イメージ的に近い、フィーリングが合う等、思っていただければ、設計監理業務委託契約を締結となります。(2回目のプラン作成時に着手金として30万円(税抜)をいただきます。着手金は契約締結時に契約金額から差し引かれます。)この時点からもプランの変更は可能ですのでご安心ください。

約2週間

4.基本設計

基本設計では、建物の間取りやかたちなど基本となるプランを決定します。
1~2週間に1度のペースで打合せを行い、ご意見・ご要望を整理し、図面、模型等を用いて、納得のいくまでプランを検討します。
プランが確定すれば基本設計図面、模型を作成します。

約1.5ヶ月

5.実施設計

実施設計では、工事、見積りに必要な図面を作成します。
仕上材、構造、設備等カタログなどの写真やサンプル等を提示しながら検討し、詳細に至るまでのすべての図面を作成します。
同時進行で確認検査関係機関との協議も行います。

約2ヶ月

6.工事金額見積

実施設計をもとに、施工会社(3社程度)に見積を依頼します。
見積内容をチェックし、重複や抜けがないかを査定します。

約3週間

7.見積金額調整

見積が予定の金額よりも高い場合予算に応じて、設計内容を見直し、目標金額に向けて調整します。繰り返し調整を行い、工事金額が決定したら、お客様と施工者の間で工事請負契約を締結します。

約3週間

8.確認申請

確認申請書を作成し、指定確認検査機関又は行政機関に確認申請書を提出します。
確認済証の交付を受け、着工可能な状態となります。

約3週間

9.工事請負契約・着工

確認申請書提出と前後して、設計者立ち会いのもと、施工者との工事請負契約を締結します。
確認済証の交付を受けたら、近隣へのあいさつを終え、地鎮祭を行い、着工となります。
着工後は、設計監理(設計図面通りに施工されているか、進行状況などをチェック)が始まります。
現場で工程会議を行い、施工者と協議しながら工事を進めていきます。

約1.5ヶ月

10.上棟

基礎工事を経て、屋根までの構造体を組み上げます。
一般的には上棟式を行いますが、必ずやらなければならないものではありません。

約2.5ヶ月

11.完成・お引越し

全ての工事を終えたら、確認検査機関による完了検査を受け、検査済証が交付されます。
また、設計者、施工者、建築主による竣工検査を実施し、必要に応じて手直し工事を行います。手直し工事確認後、施工者より取扱説明等を受け、お引渡しとなります。